スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12/29の日記

2011.12.29.23:44

今日は「イナズマイレブンGO」の33話のレビューを追加しました。
ちょっと時間がかかりましたが、ボリュームは多いです。
次回は1/4ということで、楽しみです。

それと今年の更新はこれでたぶん最後です。
あまり更新もできず、小説も進まずで、
閲覧されている方にはすみませんが、
来年も細々と続けていく予定ですので、
よろしくお願いします。
web拍手やメールや情報を提供してくださった方、
ありがとうございました。来年もよろしくです。


①ちはやふる 第15巻

2011122901.jpg

富士崎との決勝戦でした。
富士崎は毎年優勝している常勝校。一方の瑞沢は創立2年目で、
まだまだ格の違いがあるのかと思いましたが、
決勝戦の熱戦はさすまじかったです。

2011122903.jpg

筑波、机くんとあっという間に完敗。
さすがにC級レベルじゃ太刀打ちできませんね。
残るはA級のちはや、肉まん君、B級の太一。
勝つとしたら、この3人しかいないんですよねー。
太一はB級ですが、ほぼA級の実力者。
記憶力に関しては天才的、たぶん新よりも上なんじゃないかな?
いままで誰も太一よりも記憶がいいヤツをみたことがない。

我らが肉まん君の武器は「流れ」。

流れってすごい抽象的ですよね。
次に何の札が読まれるのか、長年やっていると傾向があるのかな?
確率の問題だけど、そーいうのって長年やっていると勘みたいなものが
働くのかもしれませんね。

2011122902.jpg

太一と肉まん君、意外にもA級の富士崎の選手にくらいつき、
運命戦にまで持ち込みます。
ここで北央との運命戦が教訓となって、太一と肉まん君が
息を合わせたように、同じ札を残してくるんですね。
いやぁ、この物語は本当によくできていると思いました。
ちゃんと前回の失敗を反省して、次回に生かしてくるとは・・。

実はアレが伏線だったなんて気がつきませんでした。
肉まん君の活躍はあまり描かれず、太一がメインとなった
今回でしたが、肉まん君がいないと勝利には結びつかなかったわけで、

ちはや・肉まん・太一が最強説ですね(笑)

肉まん君、勝つときと負けるときと、
作者さんの都合が一番つけやすいキャラなんじゃないかな。
ちはやは主人公だから、負ける理由が必要だし、太一も準主人公だから
負ける理由がそれぞれ必要なんですよね。

でも肉まん君は負ける理由は必要なし(笑)

便利キャラって感じで使われている感じがしなくも無いけど、
それでも活躍しまくっているので、今後も期待です。
いっそのこと、肉まん君だけで番外みたいなのを作っても
いいと思うぞ。意外と売れるんじゃないかな。

comment

Secret

プロフィール

カジカ

Author:カジカ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。